薬剤師が年収アップを狙うには?効率よく年収を上げる方法5選

こんにちは。コンサルタントの金田です。

岡山ヒューマンリソースで一番転職相談が多いのが

「薬剤師」の資格をお持ちの方なんです

薬剤師は比較的給与水準が高い仕事であり、

頑張れば年収700万円も夢ではありません。

しかし、現実はそう簡単でなく、

「思ったより年収が低い・・・」

と悩んでいる薬剤師もたくさんいるんですよ。

そこで今日は、

薬剤師としての年収をアップさせる具体的なコツ

についてお話してみたいと思います。

年収の低さに悩む薬剤師さんって意外とたくさんいるんです

岡山ヒューマンリソースに転職相談に来られる薬剤師さんの中にも

年収の低さに悩んでいる薬剤師さん、意外とたくさんいます。

中には、

「もうこれ以上の年収アップには期待してない」

「このままとりあえず仕事を続けていこう」

と、年収アップやキャリアアップを諦めてしまっている・・・

カウンセリングの際にそんなお話を聞きます。

どのような職業でも、年収をアップさせるというのは

決して簡単なことではありませんよね。

・・・とはいえ、一般職に比べれば

年収相場が高いのが薬剤師の仕事です

「今の年収に満足できない!」

と考えている薬剤師さんは、これから紹介する年収アップのヒントを

ぜひぜひ参考にしてみてください。

薬剤師が年収をアップさせる方法ってどんな方法がある?

社内で昇進を目指す

社内での活躍が認められ昇進をすることができれば、

当然年収も上がっていきます。

管理者薬剤師や、エリアマネージャーなどの

マネジメントをする立場になれば

大幅な年収アップが期待できるでしょう。

場合によっては、100万円以上年収がアップするケースもあります

今の職場でキャリアアップを目指して頑張ってみてくださいね。

資格を取得する

「専門知識を持った薬剤師」のニーズが高まっている今

資格を取得することによって、年収アップに繋がるケースもあります。

具体的には、

・研修認定薬剤師
・認定実務実習指導薬剤師
・漢方薬、生薬認定薬剤師
・小児薬物療法認定薬剤師

など、日本薬剤師研修センターが認定する資格を取得することで、

資格手当が支給される病院や薬局は多くあります

年収アップだけではなく、

転職の際にも、自身をアピールする大きなポイントとなります。

是非、資格取得に挑戦してみてください。

専門知識を持った薬剤師のニーズはここ数年とても増えています

パートから正社員への勤務形態の変更を検討してみる

週30時間程度パート薬剤師として働いている方は、

正社員への勤務形態の変更を検討してみるのもおススメです。

正社員になれば、働き方の自由度は下がってしまいますが、

ほとんどの確率で年収がアップします。

また、充実した福利厚生を受けられる可能性も高くなります

「パートなのに正社員と同じくらい働いている」

「土曜日や夕方もシフト勤務している」

「週30時間は働いている」

「正社員と変わらない仕事量になっている」

・・・という方は、是非勤務形態の変更を勤務先に交渉をしてみてください。

転職をする

マイナスイメージを持たれがちな転職…
実際は、決してそうではありません!
さらなる活躍の場を求めてチャレンジし、
さらなるキャリアアップにつなげるのも転職の目的です

この記事を見ている方の中には、

「年収を上げるためにできることはすべてやった」

「今の職場では、これ以上の年収アップに期待できない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような場合は、転職を検討してみてください。

同じ薬剤師でも、勤務エリア、勤務施設によって大きく年収が異なります。

中には、

・転職をして年収100万円アップした方
・転職をして年収800万円を達成した方

などもいますので、転職も視野に入れて行動していきましょう。

年収アップに繋がる転職先の選び方

年収アップを狙って転職を検討している方もいると思いますが、
しっかりと考えて転職先を絞っていかなければ、
年収アップを実現させることはできません。

年収アップに繋がる転職先の選び方について
岡山ヒューマンリソース

職種を変える

薬剤師は、職種によっても年収が異なります。

平均年収の高い職種には、

・薬局薬剤師
・臨床開発モニター(CRA)

などが高給与水準となっていますので、転職をする際に参考にしてみてください。

 

・病院薬剤師→薬局薬剤師
・病院薬剤師→ドラッグストア

に転職をする場合、ほぼ確実に年収がアップしますので、
検討してみることをおすすめします。

人材不足の薬局を探す

人手不足の薬局や医療施設などに転職をすることで、年収をアップさせられる場合もあります。

特に、地方の薬局や医療施設では、人手不足が深刻化していますので、
好待遇で転職できる可能性が高いです。

中には、

「年収をアップさせるなら都心がいい」

と考えてしまっている方もいますが、一概にそうとも言い切れませんので、
しっかりとした調べを行った上で転職先を絞り込んでいきましょう。

管理薬剤師として転職をする

管理薬剤師として転職をするというのも1つの方法です。

先ほども解説したように、管理薬剤師や管理職になることができれば、
大幅な年収アップに期待できます。

ただ、管理薬剤師として転職をする場合は、

「残業代がしっかり出るか?」

ということを確認しておくようにしましょう。

残業代がしっかり出る薬局、医療施設に転職をすることができれば、
更に50万円から150万円前後の年収アップを狙えます。

派遣薬剤師という選択肢もある

年収アップを狙っている場合は、派遣薬剤師として働くというのも1つの方法です。

薬剤師として働いている方の中には、「正社員」にこだわっている方もいますが、
場合によっては正社員よりも派遣社員の方が稼げることもあるのです。

中には、正社員薬剤師よりも稼いでいる方もたくさんいますので、
1つの選択肢として検討してみると良いでしょう。

ただし、

・契約終了の可能性がある
・業績が悪化すると切られる場合がある

というようなデメリットがあることも覚えておいてください。

福利厚生にも注目すべき

年収を上げたいと考えている場合は、福利厚生にも注目すべきです。

どれだけ高額報酬を受け取っていたとしても、
福利厚生が充実していなければ出費が多くなり、結果として手元に残るお金が少なくなってしまいます。

 

一方、年収は平均的、もしくは平均より少し高いくらいだったとしても、

・資格取得手当て
・家賃手当
・交通費補助
・家族手当

など、福利厚生がしっかりしていれば手元に残るお金は増えるはずです。

「年収が高い!」

「ボーナスが高い!」

という理由だけで転職をすると後悔しやすくなりますので、注意しましょう。

転職が初めての方は転職支援サービスを使うべき

効率よく年収をアップさせたいと考えている方には、転職がおすすめです。

ただ、先ほども解説したように、安易な考えで転職をすると、
年収アップに繋がらないどころか、快適に働けなくなってしまう可能性が高くなります。

転職をする際は、環境や仕事内容、年収や福利厚生など、
様々な部分に注目して、自分に合った職場を探すことが大切です。

とはいえ、初めて転職をする方からすると、

「何から始めていいかわからない」

「どうすれば年収の高い職場を見つけられるのかわからない」

となってしまうでしょう。

そのような方は、薬剤師の転職に強い「岡山ヒューマンリソース」にぜひご相談ください。

まとめ

薬剤師が年収をアップさせる方法は意外とたくさんあります。

もし、

「今の職場では年収アップが難しい」

という場合は、転職を検討した方が良いかもしれません。

とはいえ、安易に転職先を決めてしまうと、年収アップどころか、
今よりも働きにくくなるケースもありますので、転職活動は慎重に進めてくださいね。

「転職に関するアドバイスが欲しい」

「自分に合う職場を提案してほしい」

とお考えの方はお気軽にご相談ください。
オンライン面談やLINEでのお問合せも大歓迎です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。