今すぐに転職すべきケースとは?転職を決めた後にやるべきことも解説

転職をすることによってたくさんのメリットも得られるようになりますが、リスクやデメリットもいくつか存在しています。

安易な気持ち、安易な考えで転職をしてしまう、後悔する可能性が高くなるのです。

そこでこの記事では、転職をすべきケースと、すべきでないケースを紹介し、転職を決めた後にすべきことについても詳しく解説していきます。

 

 

転職すべきでないケースってあるの?

まずは、転職をすべきでないケースについて詳しく見ていきましょう。

 

⇒ただ仕事が面倒くさい時

毎日の仕事がマンネリ化してしまい、

「なんだかつまらない、転職しようかな」と考えている方はたくさんいるでしょう。

ただ、

・面倒くさい
・飽きた

このような考えだけで転職をしてしまうと、後悔する可能性が高くなります。

どのような仕事にも、

・大変さ
・辛さ
・思う通りにならないこと

がありますので、自分自身でモチベーションをコントロールしながら取り組んでいきましょう。

 

⇒隣の芝生が青く見えた時

この記事を見ている方の中には、

「特に不満はないが、何となく転職したい」
「転職をして成功している友人を見て、自分も転職したくなった」

というような方もいるでしょう。

ただ、このような考えで転職をしてしまうと、

「やっぱり前の職場の方がよかったな・・・」

という状態になる可能性が高くなりますので注意が必要です。

 

 

⇒やりたいことが見つかっていない時

転職をする場合は、やりたいことや転職の目的をはっきりさせることが大切です。

今の職場が嫌だからと言って、感情に任せて転職をしてしまうと後悔する可能性が高くなります。

「とりあえず転職をすれば環境を改善できる」と考えている方もいますが、

転職はあくまでもきっかけにすぎず、本当にやりたいことを見つけ、

自分の希望や理想に近い企業に転職をすることができなければ、

何も問題を解決できない「マイナスな転職」となってしまうのです。

 

⇒嫌いな人がいる

「嫌いな人がいる」「自分のことをわかってくれない」「環境が合わない」

という理由で転職を考える方もいますが、
このような理由で転職をするとかなりの高確率で後悔します。

何故ならば・・・どの会社にも自分と馬の合わない同僚や上司というのは存在していて、
その度に転職をしているとキリがなくなってしまうのです。

・いじめにあっている
・ハラスメントを受けている

という場合は別ですが、
嫌いあるいは苦手という感情だけで転職をするのはおすすめできません。

 

今すぐに転職すべきケースとは?

では次に、今すぐ転職をすべきケースについて詳しく解説していきます。

 

精神的な不調が出てきている時

「会社に行こうとするとお腹が痛くなる」
「理由はわからないが、涙が出てくる」

このような場合は、一刻も早く転職や退職をすべきと言えます。

先ほども解説したように、どの仕事にも辛い部分があり、大変な部分もあります。

ただ、精神的な不調を感じながら頑張る必要は一切なく、
その状態を見て見ぬふりして働き続けてしまうと、
いずれあなたの心や体をむしばむ「うつ病」に発展してしまうかもしれません。

我慢のしすぎは、心と体に大きな負担しか与えません。
早い段階で転職もしくは退職を検討しましょう。

 

⇒会社に将来性を感じない時

会社に将来性がないと感じた場合も、転職を検討すべきです。

例えば、

・売り上げが毎年下がっている
・いつまで経っても改善の兆しが見られない
・時代に沿った経営を行っておらず、昭和の考えが浸透している

という場合、会社の将来性は見込めないと言えるかもしれません。

将来性のない企業では、給料やボーナスの増加は見込めませんし、
快適な環境で働くことも難しくなるでしょう。
また、モチベーションを維持して働き続けるのも難しいかもしれません。

「もうそろそろ厳しそうだな」

と思ったら、早めに見切りをつけて転職活動を行うことをおすすめします。

 

⇒長時間労働が当たり前になっている時

長時間労働が当たり前になっている場合も、転職を検討すべきです。

俗にいう「ブラック企業」の中には、昔の考えを重んじている所もあり、

・サービス残業当たり前
・深夜労働当たり前

というような風潮がまかり通ってしまっているケースも多いです。

このような企業て働き続けると、自分自身が疲弊してしまい、肉体的にも精神的にもダメージを受けることになります。

・残業代がほとんど出ない
・定時で帰ると冷たい目で見られる

というような状態に悩まされている方は、今すぐ転職を検討しましょう。

 

⇒今の会社では夢を叶えられないと自覚した時

今の会社では夢を叶えられないと感じた時も、転職をした方が良いでしょう。

明確な目標があるにもかかわらず、やりたくない仕事をいつまでも続けていると、時間の無駄になってしまいます。

人生の時間は限られていますし、一定の年齢を超えると転職の難易度も高くなります。

明確な目標ややりたいことがはっきりしている場合は、勇気を出して転職活動を始めてみてください。

 

⇒仕事にやりがいを感じなくなった時

仕事にやりがいや達成感を得られなくなった場合も、転職をすべきタイミングと言えます。

「つまらないわけじゃないんだけど、やりがいを感じない」

「大きなプロジェクトを成功させたのに、達成感がない」

という場合は、その仕事や職場環境が自分に合っていない可能性が高いです。

 

やりがいや達成感を得られないと、仕事に対するモチベーションも上がらなくなりますので、

生産性や効率が低下しやすくなります。

そうなると、自分の評価が下がり、給料やボーナスなどにも影響してきてしまいますので、

「何もかもがうまくいかない」負の連鎖が始まってしまうかもしれません。

 

 

転職を決めた後にすべき事って何?

では最後に、「転職をする」と決意した後にやるべきことをいくつか紹介していきます。
これから紹介するポイントを理解しておかないと、転職がスムーズに進まなくなったり、
転職後に後悔したりする可能性が高くなりますので、是非最後までチェックしてみてください。

 

⇒情報収集

転職をする際知っておきたい情報として、

・どのような企業があるのか
・希望する業界の年収相場はどれくらいか
・その業種に将来性はあるのか
・転職はどんな流れで進んでいくのか
・何を準備すればいいのか

など、様々な情報を集める必要が出てきます。

正しい情報を得ることができないと、

「転職ってどうやって進めればいいの?」
「気になる企業があるのだけれど、どうやって応募すればいいの?」

という状態になり、転職がスムーズに進まなくなってしまうことがあるのです。

 

⇒自己分析

自分に合った企業に転職をするためには、自己分析をしっかりと行うことが大切です。

こう聞いて、

「自分のことは自分が一番よく分かっている」

と考える方もいると思いますが、意外と理解できていない一面や、気づかなかった長所、短所などがあるものです。

自分への理解度を高めておかないと、転職をした後に、

「イメージと違った・・・」

という状態になる可能性が高くなりますので、丁寧に自己分析を行って適性を判断するようにしましょう。

 

⇒転職支援サービスのリサーチ

転職をスムーズ且つ安心して進めるためには、転職支援サービスを上手に活用することをおススメします。いわゆる「転職エージェント」や「人材紹介」と言われるサービスです。

転職支援サービスを活用するメリットとして、

・面接練習、履歴書添削
・求人の提案
・スケジュールの調整
・面接同行

などを行ってもらえるようになりますので、効率よく転職活動が行えます。

 

ただ、転職サービスにはたくさんの種類があり、それぞれで特徴が異なりますので、

「どれを選べばいいの?」

となってしまうでしょう。

 

そのような方は、是非「岡山ヒューマンリソース」の転職支援サービスを活用してみてください。

弊社は、岡山に密着して転職支援サービスを展開しており、
岡山の様々な企業との強いネットワークを持っています。

また、地元ならではの優良企業の情報や非公開求人をご紹介することも可能ですので、

・岡山エリア

で転職やUターンを考えている方は、お気軽にご相談ください。
岡山エリアで「失敗しない転職」を全力でサポートいたします。

 

まとめ

転職をしたいと考えている方は、

「本当に転職をすべき状況なのか?」

ということをまず冷静に考えてみましょう。

じっくりと考えた結果、

「やっぱり転職をしたい」

という答えが出たのであれば、今すぐに活動を開始することが大切です。

 

とはいえ、転職をする際は様々な情報を集める必要があり、やるべきこともたくさんあります。

転職が初めての方は、何から始めればいいかわからなくなってしまうでしょう。

そのような方は、岡山ヒューマンリソースまでお気軽にご相談ください。

岡山の転職情報に精通したキャリアコンサルタントが

ご希望やご要望をしっかりとヒアリングしたうえで、

最適な求人を紹介させていただきます。

岡山ヒューマンリソースへの転職支援のお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。