コロナの影響で大きく変化!薬剤師の転職事情

皆さまご承知の通りコロナの影響は日本経済にも深刻な打撃を受けており、
調剤薬局においても患者様の来局が減り、特に花粉症患者が多かった
調剤薬局においては、売上減少が非常に大きいそうです。
また、コロナの影響を受けて薬剤師の転職事情も大きく変化しています。

今回は、薬剤師転職エージェントとして、転職サポートの中で感じる
大きく変化した薬剤師の転職事情についてお伝えしたいと思います。


『パート求人の減少傾向』

子育て世代に人気のある「日中だけのパート求人」は
充足傾向で求人数が減り、求人数が減少しています。
また、フルタイムパートの求人も減少傾向にあり、
フルタイムパートで働くならば、正社員になってフレキシブルに
勤務してほしい・・・という企業の希望が多く
見受けられるようになりました。


『派遣も減少傾向』

コロナの影響で「処方箋枚数がかなり減少している」 
「パートさんの出勤時間を減らしている」という調剤薬局が増えているため、
派遣薬剤師求人をストップされる調剤薬局が多くなっています。
コロナの終息時期は予想できないため、
派遣薬剤師求人は、しばらく不安定な状態が続くと考えられます。


『正社員の求人状況』

大手企業は新卒採用で充足傾向、
また中小企業では採用に慎重になっている傾向が見受けられます。
コロナの影響で調剤薬局の利益が減少しているため、
「退職者があれば採用する」「応募者のスキルをしっかり見極める」など・・・採用担当者からの希望が転職エージェントにも多く寄せられています。
以前のような破格な高額年収の求人は、慢性的に薬剤師が不足している
エリアを以外では出にくくなっています。

今後、転職活動を行う上で大きく求められるスキルとしては
「コミュニケーションの能力」「在宅スキル」この2つが
ますます重要視されるスキルとなっていくのではないでしょうか。
年収や条件だけを重視し、スキルが高められない転職はおススメしません。
今後、暫くの間は厳しい経済状況が続くと予想されます。
失敗しない転職活動を実現させるためにも、
ぜひ「転職サイト」を上手に活用してみてくださいね。

岡山ヒューマンリソース転職サポートのお申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。